子どものお小遣いで悩む!正しい金額と渡し方は?

Posted by

お小遣いの金額はリサーチが必須に

まずお小遣いをいくら渡すかという問題ですが、そこは各家庭によって差があります。同じ小学一年生でも月500円という子もいれば、1万円以上もらっている子も確かにいるからです。やはり全国平均から考えるのではなく、近隣ではどうなのかなどしっかりリサーチをするようにしましょう。特に私立の学校に入れた場合、裕福な家庭の子が多いですし遊びの内容も違う場合があります。節約意識を身につけさせたいと思って少ない金額にするとみじめな思いをさせてしまうことがありますので注意するようにしたいですね。

一週間ごとに渡すのがお勧め!

次に、どれくらいのスパンで渡すのかという点です。これは、一週間がお勧めですね。というのも、一ヶ月で考えてしまうとうまく我慢が出来なかったり、一ヶ月という期間の長さがなかなかイメージ出来ないからです。大人も給料日前になるとなぜだか苦しい、という方が結構いらっしゃいますから子どもならなおさらです。毎日渡す場合は、お金を貯めて欲しい物を買うという貯金が身につくケースもありますが、毎日お菓子などを買ってしまう子も多いので一週間という期間は非常にバランスが良いんです。

渡し方にも一工夫をするとさらにグッド!

そして、実は非常に重要なポイントが渡し方なんです。例えば1000円を渡す場合、そのままお札で渡してしまうのではなく、小銭で渡すことをお勧めします。大人でも1万円札を崩すと一気に消費が増える方っていらっしゃいますよね。そうではなく細かくして渡すことによって、よりお金に対するイメージがふくらむんです。小分けにして渡すと実際に使用する金額のイメージがしやすくなりますので、お金に対する教育では必須のスキルなんです。

現在、主婦のパートには金額の壁がありますが、しっかり情報を理解すれば、税金のことについて学べますし、今後金額の壁が変わっても、慌てることなく対応できます。