介護保険を利用して利用できるサービスを三つ紹介

Posted by

要支援認定を受けている高齢者の方はヘルパーが使える

介護保険を使えば通常よりも安い料金で様々なサービスを利用できる事で知られていますよね。そして、介護保険を使って利用することが出来るサービスの一つに、ヘルパーの派遣があります。例えば要支援認定受けているという高齢者の場合は、単位数の範囲内でヘルパーを派遣してもらうことが出来ます。何か日常生活で困ったことがある時に、ヘルパーの力を借りればより日常生活が楽になってきますよ。なので、要支援認定を受けている方は、ケアマネージャーさんなどと相談をしてヘルパーを使ってみるのも良いでしょう。

福祉用具のレンタルや購入にも使える

また、介護保険はヘルパーの派遣などのサービスの他に、福祉用具のレンタルや購入をする時にも役立ってきますよ。高齢者の方で歩行が不安定な方は、歩行器や杖があるだけでもだいぶ歩行が安定してくることも多いですよね。転倒を予防するためにもそれらの歩行器や杖は役立ってくれます。介護保険を利用して、それらの福祉用具のレンタルや購入をしてみてはいかがでしょうか。また、レンタルなら介護用ベッドや車いすなども借りることが出来ます。

訪問入浴なども便利です

また麻痺などがあり、一人で入浴することが出来ないという方は訪問入浴などのサービスも介護保険を使って利用できます。家族が高齢者などをお風呂に入れるのは体力的にも大変な事もありますし、危険が伴いますが、訪問入浴のスタッフに任せれば、ヘルパーなどの介護の技術や知識がある専門家に行ってもらえるので安心出来ますよ。それ以外にも訪問看護や訪問リハビリなど色々と使えるサービスがありますので、ぜひ使ってみてくださいね。

介護の求人は全国的に非常に多い状態です。高齢化社会のなか介護を必要とする高齢者の数が多いことがその背景にあります。